メリットはそれぞれ!注文住宅のオーダータイプ

自由度の高い設計のフルオーダー

注文住宅は、フルオーダータイプとセミオーダータイプの2種類に分けられます。フルオーダーは建材や断熱材、玄関や窓の仕様まで施主が指定して設計する住宅となります。フルオーダーは自由度が高いものの、施主自身に相当な住宅知識が求められます。設計項目や仕様が多岐にわたるため、時間や労力がかかることを覚悟する必要があります。それでもフルオーダーは自分の意向が全てに反映されるので、満足度の高い注文住宅に仕上げられます。それは世界で一つだけの家となり、何よりも代えがたい住まいとなります。それは細部に至るまでこだわった造りの、最高品質の住宅と言う事が出来ます。その分時間とコストもかかるので、資金や時間に余裕のある施主向けの住宅と言えます。

リーズナブルな価格のセミオーダー

セミオーダーの注文住宅は、基本的な仕様がある程度決まっています。一般的なセミオーダーは、外壁や内装などの色やデザインを施主が選びます。設備に関してもトイレやキッチン、風呂や洗面台などを施主が決めることが多くなっています。セミオーダーでは、施主が間取りを決められるタイプもあります。フルオーダーは、多少の建築知識があれば十分に対応可能です。そのため、注文住宅の施主の多くはこのタイプを選択するケースが大半となっています。セミオーダーは住宅メーカー側にしても、時間と手間を削減できるメリットがあります。そのため、セミオーダーに力を入れる住宅メーカーが多く、リーズナブルな価格で提供しています。

大阪は幅の狭い道路が多く、工事車両が入れないようなケースもあるため、大阪の注文住宅を検討する際は周辺道路の確認が大切です。