注文住宅の間取りの決め方で押さえておきたいこと

水回りの配置をよく考えよう

注文住宅は外観や間取りなどを自分たちの好きなように設計できるというのがほかの住宅にはない最大のメリットではありますが、その一方で実際に家が建ってからの事をよく考えないと住みづらい家になってしまうという恐れも秘めている点には注意が必要です。間取りを決める際にはついつい部屋割りにばかり気を取られてしまいがちですが、それ以外の場所の配置にも気を配らないといけません。中でも特に重要なのがキッチンやトイレ、お風呂場など水回りの配置をどうするかです。

水回りの配置に関しては、まず水を排水するときの音を考えて配置しなければいけません。例えばトイレを寝室のそばに配置したとしましょう。すると寝ているときに誰かがトイレに行ったときなどは排水音が気になって眠れないというトラブルが起こることが考えられます。同じ理由で2階にもトイレを配置する際には極力部屋の真上にはトイレを作らないようにしましょう。また後々のメンテナンスを考えれば、キッチンやお風呂場、そしてトイレはできるだけ集中して配置することが望ましいです。配管設備を集中させることによって建築時の配管工事費用が安くなりますし、後々のメンテナンスもしやすくなります。

水回りをまとめると家事もしやすい

また、生活するうえで炊事や洗濯など、家事は欠かすことが出来ないものですが、よくよく考えてみると家事というのは水回り周辺で作業をすることがとても多いです。水回りを一か所に固めていると家事の点から見ても移動が少なく済むので楽になります。

神奈川の注文住宅は他の地域よりも建物のデザインに重きを置く傾向があります。人の行き来が多く、観光地にも近いことから人目に付きやすいのが理由です。