注文住宅を建てるにあたっての住宅メーカーの選び方

建物の工法を考えよう

夢の注文住宅を建てるにあたっては、まず最初にどこのハウスメーカーに依頼するかが重要になります。その際に検討すべき点は多岐にわたりますが、そのなかでも建物の工法をどういったものにするかは重要な要素です。というのも、ハウスメーカーによって得意としている工法が異なるため、自分が建てたい建物の工法を決めてそれに合うメーカーを選ぶのが大切なのです。

建物の工法には、伝統的な木造軸組み工法のほかにも、鉄筋コンクリート造りやツーバイフォーなどがあります。これらのうち鉄筋コンクリートは高度な技術が必要とされることから、大手メーカーの一部が得意としていますが、それ以外ではそもそも取り扱っていないところもあるため、この工法を希望する場合には事前に対応してもらえるかどうかを営業担当者に確認するようにしたほうがよいでしょう。

カタログを見てみよう

ハウスメーカーの多くは数多くのタイプの建物のモデルをあらかじめ準備しており、ホームページなどで申し込めばそれらをまとめたカタログを送ってもらうことができます。そのため、気になるメーカーがあったら、まずはそのメーカーのカタログを手に入れて、自分の好みや希望する条件にあった建物があるかどうかをチェックするとよいでしょう。カタログに掲載されている建物がそのまま自分の理想と合致するのであれば、そこに決めてしまってもよいのですが、多くの場合はそういうわけにはいかないため、どの程度カスタマイズする余地があるのかを確認するのもポイントとなります。その場合は、外観だけでなく、内装や住宅設備の選択肢についてもしっかりとチェックするようにしましょう。

モデルハウスに行ってみよう

カタログを見て建物のイメージができたら、実際にそのハウスメーカーのモデルハウスを見に行ってみましょう。大きな街にはたいてい住宅展示場があるため、そこに行けば複数のメーカーのモデルハウスを一度に見ることができ効率的です。写真で見るのと実物を見るのとでは、同じ建物でも随分と印象が変わることは珍しくないため、必ず自分の目で確かめてからどういった建物にするのかを決めることが肝要です。また、モデルハウスにはメーカーの営業スタッフも常駐しているため、分からないことは積極的に質問するとよいでしょう。不明点を残したまま契約してしまうと後々のトラブルの原因になりかねませんので、疑問に感じることは事前にクリアにしておくというのも失敗しない注文住宅選びのポイントです。

京都の注文住宅の購入を検討している場合、古都京都の景観に馴染むデザインが良いでしょう。町屋風のデザインの注文住宅も人気です。