小さな別荘を買った際のおすすめの過ごし方をおしえます!

小さな別荘なら維持はわずか

別荘というと、購入後も維持費がたくさんかかるイメージを持っている人が多いと言われます。しかし、小規模な別荘であれば継続的な支払いが必要となる固定資産税は微々たるもので、数十年別荘を利用し続けても大した額にはなりません。それでも継続的なコストが気になる場合は、あらかじめ数十年分の税金を計算し、その額を差し引いた予算内で別荘を購入すればOKです。

おすすめの過ごし方1「周囲の森林でのんびり過ごす」

日本の別荘地の多くは、標高1000m前後の高原地帯にあります。そして山林を開拓して別荘地が造られるケースが多いため、そういった場所においては緑がすぐそばに広がります。周囲の森の中では、鳥のさえずり・虫の鳴く音・川が流れる音などを聴きながら、のんびりと散歩を楽しむ事ができます。そして、そういった森林浴体験は、心だけでなく体にも様々な好影響を与える事が判明済みです。なお、高原地帯の森林においては平地エリアでは決して見かける事ができない草花を観察したり、小さな野生動物を間近でみられるチャンスもあります。

おすすめの過ごし方2「スポーツを楽しむ」

また高原地帯の別荘を手に入れた場合は、周囲の施設において健康維持のためにもスポーツを楽しんでみる事を推奨します。高原地帯であれば真夏でも涼しいため熱中症になる恐れがありませんし、寒い冬ならば体を温める事ができます。

おすすめの過ごし方3「湯船に浸かりながら星を見る」

標高が高い上に周囲に市街地がない別荘においては、晴れた日にたくさんの星が見えます。ただし、寒い中で長時間の天体観測を行う事は簡単ではありません。もし快適に天体観測をしたいのであれば、自宅もしくは近隣の温泉施設の露天風呂に浸かりながら星空を眺めてみるのがおすすめです。長く観測していると、星座や星雲・銀河だけでなくたくさんの流れ星を見られます。

八ヶ岳の別荘はカラ松林に建てられた物件が多く、屋根に降り積もったカラ松の葉の上に落ちた草木の種が育っている建物を見かけます。屋根の清掃をきちんとしてあるかどうかは別荘選びで重要なポイントなのです。