間取りや日当たりは大丈夫?狭小住宅を選ぶ時は慎重に!

狭小住宅の購入前は人気物件の見学を欠かさずに行おう

狭小住宅は、立地や間取り、日当たりなどの条件がやや劣ったり、敷地面積が限られたりすることがあるため、予算に応じて慎重に物件選びを始めることが重要となります。狭小住宅の販売実績がある不動産会社の中には、週末に見学会を開いたり、一年を通じて電話やネット上で相談を受け付けたりしているところもあるため、少しでも気になる物件があれば積極的に問い合わせをすると良いでしょう。また、地域情報誌や大手の不動産会社のサイトなどに掲載されている人気の狭小住宅は、購入希望者の募集開始からわずかな期間で完売することもあります。そのため、タイミングよく理想的な物件を選ぶには、日ごろから隙間時間を使って色々なタイプの物件の見学をしてみると良いでしょう。

狭小住宅の収納スペースの広さにこだわろう

狭小住宅を選ぶ時は、リビングや寝室などに収納スペースの広さに注目をして、衣料品や家具家電などを上手く収納できるかどうか見極めることが大切です。特に、クローゼットの位置については、室内をスッキリとさせるうえで重要なポイントとなるため、時間をかけて間取り図や写真などをチェックしておきましょう。また、住宅内に収納できない物品がある場合は、一定期間近隣レンタルボックスなどの利用を検討したり、離れて暮らす家族に預かってもらったりするなど工夫をすることがポイントです。その他、なるべく収納スペースを広く確保できる物件を探したい時は、敷地面積や住宅全体の大きさなどにこだわって、早いうちからネット上で検索を始めることが肝心です。

狭小住宅では、限られた空間でありながらも家事動線などを上手く工夫すれば快適な暮らしをすることができます。