賃貸はオール電化を選ぶべき?!オール電化のメリットについて

オール電化はメリットが多い

オール電化は、当然ですがガス代を支払う必要がありません。初めてのひとり暮らしでは、色々と支払いが多いと把握するのが大変と感じることもあります。ひとつでも支払いが減るだけで、毎月の支払の管理が楽になります。また、火を使わないので安全性が高いですし、IHヒーターは熱くならず、掃除がしやすいです。ガスコンロは、使うほどに油はねや焦げなどが付着して掃除が大変と感じる人は多いです。

しかし、IHヒーター自体は熱くならないので焦げが付着しにくく、フラットなのでただ拭くだけで綺麗になります。また、火を使うガスコンロと比べるとキッチンが高温にならないので、夏でも調理がしやすいのもメリットです。日中だけの使用なら、ガス料金よりも電気料金の方が高いですが、オール電化では深夜帯を利用する設備も多く、コストも抑えられます。

災害時の復旧が早いというデータもある

災害時になれば、ライフラインが止まることもあります。これは仕方ないことですが、ガスよりも電気の方が復旧は早いというデータがあり、全てが電気設備となっているオール電化は、災害時でも復旧が早いという点がメリットの一つです。ガスでは、震度5程度の揺れを感じるとマイコンメーターによって自動的にガスを止めますが、復旧すれば自分でマイコンメーターを復帰させる必要があります。

賃貸物件では、この部屋のマイコンメーターがどこにあるかを把握している人は少なく、災害時に初めてマイコンメーターを探す人も少なくないです。電気であれば、室内にあるブレーカーを持ち上げれば復旧できます。ブレーカーは把握している人も多いので手軽に復帰できます。

千歳の賃貸が住みやすい理由は、空港が近いので国内を移動するのに不便は感じません。ショッピングやビジネスにも困ることがないため、暮らしやすい地域なのです。