ここが他とは違う!北海道ならではの賃貸住宅の特徴とは?

バルコニーが無いのが普通

多くの賃貸住宅の場合には洗濯物を干したりするのに便利なバルコニーがありますが、北海道の賃貸住宅の場合にはバルコニーが無いのが一般的です。他の地域の出身者からすれば奇妙に思えることもありますが、日本の中でも特に寒冷地である北海道では洗濯物は部屋干しが基本であるため、バルコニーが無い賃貸住宅が少なくありません。なお、短い夏場でも冬場のように部屋干しすることが多いです。

エアコンを設置していないことも

日本の夏場は温度が高いだけではなく湿度も高いため、快適に過ごすためにはどうしてもエアコンが必要となります。しかし、夏場でも涼しいことが多い北海道の賃貸住宅の場合にはエアコンが設置していないことも珍しくありません。最近では北海道であっても本州と同じぐらい暑い日がある場合もあるため、エアコン無しでも大丈夫と思っていると酷い目に合うことも考えられるため注意が必要です。

都市ガスではなくプロパンガスであることも

寒冷地である北海道では冬場に暖房設備を欠かすことはできませんが、その際にはプロパンガスを使用している賃貸住宅が多いのが特徴です。北海道ではプロパンガス業者が多く本州と違って未だに多くの賃貸住宅で使用されています。もし今まで都市ガスしか利用してこなかったという人は驚くこともあるかもしれません。例えば、都市ガスと比べるとプロパンガスはどうしてもガス代も高くなってしまうことがあります。都市ガスと同じように使用しているとかなり費用がかかってしまうことがあるので注意が必要です。

函館の賃貸物件の家賃相場は、3LDKの間取りで約7.0万円を推移しており、ファミリー層にも人気の高いエリアです。