賃貸オフィスで起業する?メリットとデメリットを知ろう!

賃貸オフィスのメリットは初期コストの低さ

賃貸オフィスで起業するメリットとして大きいのは初期コストの低さです。オフィス物件を借りてオフィスレイアウトを決め、設備などの工事をしてオフィス什器を入れるとなると多額の費用がかかってしまいます。しかし、賃貸オフィスなら最初からデスクや椅子、棚などの什器に加えて複合機なども用意されているのが一般的です。特にオフィスレイアウトをデザインしなくても多くの現場で使いやすいように仕上げられているため、スムーズに事業を開始することができます。選択肢も多くなってきているので、その中からスペースの広さやレイアウト、用意されている什器などのバランスが取れているところを選ぶとコストパフォーマンスも高くなります。

デメリットは長期的なコストと自由度

賃貸オフィスのデメリットは起業するタイミングで初期コストは抑えられるものの、長期的に見たランニングコストは高くなってしまうことです。オフィス什器などもレンタルする形になると考えれば賃料が通常のオフィス物件に比べると高いというのは明らかでしょう。いくら払ったからといって什器などが自分の所有物になることもないため、長期利用をすると損をしたと感じる可能性があります。

一方、自由度の低さも賃貸オフィスで起業するデメリットになる場合もあります。あくまで一般的なオフィスに合う仕様になっているだけなので、特別な使い方をしたい場合には適した賃貸オフィスが見つからないこともあるでしょう。借りる物件なので手を加えることもできないのは問題になる可能性があるのです。

港区で賃貸事務所を構えてみると、快適に仕事ができる環境にする事が出来ます。港区の便利なアクセスで通勤も楽になります。